スカイマークとA380

このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイマークが破綻しました。

東証一部に事情替えをしてわずか2年たらずでの破綻、上場廃止に向けてです。
東証にも???と言う感じです。

スカイマークは上場企業なので業績は公開されています。
それを見ると、

直前期の2014年3月期の
事業収益(売上)は、859億円
営業利益(本業の収益をあらわす)は、25億円の赤字。

ただ、営業利益は2012年3月期に過去最高の152億円を計上しています。
この事業収益に対する事業総利益率(売上総利益相当)はわりと高いですね。

過去5年間の累計営業利益は317億円、税引き後純利益が185億円です。。

でも一寸待ってください。エアバスA380は1機4億ドル以上
急激な円高を考慮しても1ドル約80円で320億円以上。現在の1ドル約120円では480億円以上です。

参考サイト
http://ainet.bent.jp/aviation/civil_price.html
航空機の価格が詳しくのっています。

737を6機ならわからないでもありませんが、5倍もするA380を6機(1ドル80円で約2000億)発注するのは経営的に疑問を感じます。事業収益の倍以上の買物をするって過ごすぎます。

A380が1機増えるとどの程度の事業収益が見込めるのでしょうか。
400席×10万円×365日で146億円
実際にはこんなに運行できないのでもっと少ないでしょう。

そうなると、営業利益20%でも30億円、飛行機の初期投資の元を取るのに10年以上もかかります。
計算していて思ったのですが、A380で元をとるのは難しいですね。
最近受注できていないのも納得できます。

航空機の価格は5倍以上、定員は3倍です。1度に沢山運べるからと行って1席あたりの燃費が極めて良いわけでもなさそうなので、大型機は辛いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です