名古屋ー台湾JALビジネス最安が・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もに台北の自動車部品&アクセサリー展TAIPEI AMPAに行くつもりで飛行機を手配していたら、今までのような安いビジネス料金が出て来ませんでした。

いろいろ調べていたら、2017年4月1日より、日本発JALキャリア運賃の名称が変更されます。

と言うだけなら良いのですが、名古屋ー台北(桃園)の最安ビジネス料金が大幅に上がっています。

その理由は・・・

今まで、名古屋ー台北(桃園)のビジネスクラスの往復最安価格は、JALビジネススペシャル週末ステイ21で、70,000円でした。
これは特別運賃でその都度設定されている感じだったのかもしれませんが、2017年4月1日以降は設定がありません。度々使っていたこの料金が無くなったのはすごく残念です。

2017年4月1日からは、名古屋ー台北(桃園)のビジネスクラスの往復最安価格は、Saver Dで、122,000円です。

JALの『日本発JALキャリア運賃の名称変更に関するお知らせ』によると、

中国・香港・台湾行きの名称変更として、
JALビジネスセイバー3 タイプB → Saver D
となっています。

しかし、ヨーロッパ、アメリカ・カナダ行きでは、
JALビジネスセイバー21週末ステイ → Saver D

えっ!? 変更後の名前は一緒(゚д゚)!

3日前までと21日前までの運賃名称がSaver Dで統一されています。
と言うことでSaver Dの購入期限を見てみると、台湾(アジア)の場合は3日前までになっています。ヨーロッパ、アメリカ・カナダは21日前。なんかわかりにくくなった気がします。

今の所、台湾便のJALビジネススペシャル週末ステイ21は設定されていないようです。
今までエコノミー最安は、30,000円程で、少し埋まってくるとビジネスと余り変わらない料金でした。そのため、ビジネス最安の値段で乗ることも有ったのですが、これだけ差があると気軽には乗れません。

特別料金の設定なので、今後も出てくる可能性はあるかもしれませんが、今年のTAIPEI AMPAはエコノミーで行くことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です